レーザー治療

レーザー治療は、眼科では次の疾患で使用されます。

 
 

網膜光凝固術

網膜の周囲を光凝固で囲み、網膜剥離の進行を予防することができます。網膜裂孔、網膜円孔、網膜格子状変性、網膜剥離裂孔などに使用されます。

矢印

虚血状態にある網膜を凝固することで、新生血管の発生を食い止めます。糖尿病網膜症、虚血型網膜静脈閉塞症など、網膜の虚血性疾患などに使用されます。

虹彩切開術

虹彩の根元にレーザーで穴を開け、穴を通して水が流れるようにして緑内障の症状を防ぎます。

費用について

  • 1割負担 約16,000円
  • 3割負担 約45,000円

※他、検査料、診察料が必要です。
※手術扱いになりますので保険の対象になります。