診療案内

当院には、白内障や緑内障、ドライアイをはじめとして、さまざまな患者さまが来院されます。

当院で対応できる目の病気・症状

当院では、患者さまの目の健康を保つお手伝いをさせていただきます。
目に関することで少しでも心配なことがあったら、何でも気軽に相談してください。最適な治療とアドバイスをさせていただきます。

コンタクトについて

当院では、コンタクトレンズの使用を希望される方の処方を受け付けております。
適正なコンタクトレンズの使用は、目の健康を守るために大切です。なお、当院ではカラーコンタクトレンズの使用は、目の健康を害する可能性があるのでお勧めしていません。ご了承ください。

各専門診療について心掛けていること

白内障

昨今の白内障の手術技術は、すでに完成形に近づいています。白内障の手術は安全・確実に行うことができるのでご安心ください。とはいえ、患者さまのなかには治療を望んでいない方もおみえになります。その場合は、手術を無理強いすることはありません。手術を希望されない場合は、投薬治療で現状を維持します。
白内障は40歳をすぎると出はじめます。特に初期は自覚症状はありませんが、白内障の種類によっては見にくくなるので、手術をお勧めすることがあります。

緑内障

緑内障は初期段階では自覚症状がほとんどなく、自覚症状が出てしまった段階では、すでに病気がかなり進行しています。そのため、なるべく早い段階で発見し、治療を開始し、病気の進行を遅らせることが大切です。
当院では、別の目の病気や相談時の診察で、緑内障の兆候が見られたときは、患者さまに精密検査をお勧めしています。

緑内障の検査は、経過観察して視野の悪化を判定します。治療としては、まず点眼で眼圧のコントロールし、症状が進行した場合は内服薬治療を行います。さらに悪化した場合は手術を行います。
緑内障の治療技術は年々進歩していて、現在ではさまざまな治療法があります。当院では、緑内障の手術は専門医の在籍する医療機関を紹介しています。

ドライアイ

パソコンを使ったデスクワークやスマホ、ゲームによる目の酷使により、ドライアイの患者さまは増加傾向にあります。
治療は基本的には点眼治療となります。重症化したドライアイについては、「涙点閉塞」などの処置を行い、悪化を防ぎます。
ドライアイは若い方からシニアまで、幅広い年齢層の方が発症します。ドライアイにも涙の分泌が減って目が乾きやすくなる場合と、涙の蒸発が早くて目が乾きやすくなる場合があります。それぞれに対応した治療をすることで症状の改善がみられます。